2人の男の人

物忘れは健康食品で予防改善|バランス整えYO!

脳の機能を高めさせる

ファミリー

手に入りやすい健康食品

物忘れに結び付く記憶力や集中力を高める栄養素を補ったり、食生活の改善などは年齢を重ねるごとに意識するケースが増えています。特に食べ物から摂取する場合、日持ちや通年通して手に入りやすい食材であることが重要視されており、薬に頼らず食からボケ防止を図りたい高齢者ならではの内容です。例えば、ビタミンA・鉄・カリウム・ナイアシンなどの栄養素を含む銀杏には、脳血管を拡張させ、学習能力を向上させたり、物忘れを防止する効果が期待されており、加工食品としても比較的手に入れやすく調理しやすい点でも人気です。また、アルファピネンという香り成分をもつミョウガには、血の巡りを促す経路に作用しホルモンバランスを整えてくれます。そのため、ホルモンの低下が問題視される更年期から現れやすい物忘れも緩和できますし、安心感にも繋がるのが自炊などの食事から補える点でもあります。

食からの予防に努める

脳が老化することにより記憶力や集中力が途切れやすくなり、物忘れなどの症状を招きやすくなるため、予防のための栄養素としてレシチンやコリンが注目度を高めています。集中力や記憶力を高めさせる効果が期待できるため、レチシンなどを含む食品が評価されています。特に物忘れや認知症の予防を視野に入れているのが高齢者の方々である点から、受け入れやすい食品を提案していく必要性が挙げられています。薬のイメージから、サプリメントを摂取することを苦手とする年代でもあり、食からの予防が重要視されています。また、五感を駆使する食事法も脳機能の改善に期待ができる内容です。例えば、大豆には骨粗鬆症予防となるカルシウムも含まれ、物忘れを招きやすい女性ホルモンの低下をサポートする似た働きまでが行えるため、栄養学的にも生命維持にも活用できるとして推奨される栄養価の高い食品です。

認知症早期発見のために

笑顔の男性

物忘れ外来は、認知症の前段階や初期段階である「物忘れ」の状態のときに受診します。それが認知症かどうか医学的診断を受けることによって、進行を予防したり、適切な治療を受けることが可能になります。心配な物忘れの症状があったら、ためらわずに受診しましょう。

View Detail

神経細胞に活力を

笑顔の女の人

加齢により神経細胞が衰えると、物忘れをしやすくなります。これは、レスベラトロールのサプリメントを飲み、サーチュイン遺伝子を呼び覚ますことで、防ぐことが可能です。神経細胞の衰えが防がれ、情報の伝達がスムーズになるからです。若々しさの維持や癌の予防にも有効なので、利用する人の増加が予想されています。

View Detail

脳を活性化させる成分

男性女性

年を重ねると、物忘れがひどくなったと落ち込んでしまうことがあるでしょう。実際に日常生活に影響がでてしまっている、という方も少なくはありません。しかし、原因にもよりますが物忘れは脳の活性化で改善することが出来ます。DHAという成分の増加で、記憶力を良くすることが出来ます。

View Detail