感謝の気持ちが働きがいに繋がる【正社員の介護士を目指そう】

介護士の人気が急増中!その魅力とは

介護士の仕事はきつい・汚い・安月給といわれてて大変な仕事でもあります。でも、ありがとうと笑顔で言葉を言ってもらえることが魅力です。そして、先輩方も優しさ、働きやすく、比較的自由が利くこともあります。介護職は年齢・性別に関係なく仕事をすることができます。キャリアアッププしやすいというのも魅力でもあります。

正社員の介護士を目指す人が増えた理由について

ウーマン

人の生活をサポートする役割

介護士が病院で勤務する場合には仕事は看護師のサポートでもあります。看護師の助手・リハビリの助手をサポートする役割がなります。介護施設で勤務する場合には護が必要な人、要介護者の日常生活支援をしていきます。食事・入浴・排泄・洗濯・掃除・買い物など、身体のことがから生活に関してのサポートをする役割になります。

医療関係の求人サイトで探すのが効率的

医師・薬剤師・看護師・介護士・医療事務など医療関係の求人探しには、インターネット・求人雑誌・ハローワークなどがあります。効率的に探すには希望職種の専門の求人サイトがいいかもしれません。専門の求人サイトは特定の職種に特化した求人を掲載してるからです。専門の求人サイトから条件を指定することで、希望条件の求人を簡単に探すことができるからです。

介護士について寄せられる質問にお答え!

介護士の人数は増えますか

介護士は人出不足といわれています。その理由として若い人の数が少ないということがあります。介護保険制度が始まってからは徐々に増えてきています。10年以上で3倍も増えてきてて、これからも高齢化社会といわれています。

[PR]医療事務の求人を大阪で確認
働きやすいところが見つかる

[PR]介護士の正社員を目指そう☆
優良求人多数あり!

資格を取得していれば大変有利

介護士の仕事は資格がなくても仕事をすることができます。介護士の資格は介護職員初任給試験・福祉住環境コーディネーター・健康運動指導士などがあります。介護士の資格もあるので、取得することで転職する場合には有利になります。資格がなくても仕事をしながら資格を取得することができます。長期で仕事をしたい人は資格を取得するといいかもしれません。

応募から勤務開始までの選考プロセスを確認

エントリーシートを入力をします

応募するする場合には最初にエントリーシートを入力します。求人サイトから応募する求人を決めます。エントリーシートには希望条件・個人情報など必要項目を入力します。複数応募することもできますが、希望する求人に応募をします。

応募先から面接の連絡が来ます

直接応募した場合には企業から面接の連絡がメールで来ます。派遣会社の場合には派遣会社から電話・メールで連絡が来ます。場所によっては適性診断があったりすると2時間くらい必要になることもあります。調整した日時に面接を行います。

面接結果の連絡が来ます

直接応募した場合には採用内定通知が届きます。採用内定通知には入社式・研修スケジュールなどが記載されています。正社員・契約社員の場合には勤務先との契約になります。指定された入社日から仕事をすることができます。

広告募集中