正社員の介護士として働きたいなら専門求人サイトで見つけよう

求人は専門サイトをチェック!【正社員介護士の求人を見つける方法】

介護士は正社員として働けるので将来も安定

介護士の仕事をする場合、雇用形態は正社員・契約社員・派遣・アルバイトなどあります。正社員のほうが将来的にも安定性はあります。中途でも正社員で仕事することができますし、非正規からでも正社員になることができます。

医療関係で特に注目されている職業・ベスト5

no.1

患者の治療ができる医師

医師は国家試験に合格をしないと仕事に従事することができません。医師は病気・けがの診療・治療をすることができます。そして、病気の原因を解明するための研究も行います。医師は心的・身体的にも負担は大きいですが、やりがいがある仕事です。

no.2

薬を調剤をする薬剤師

薬剤師は国家試験に合格をしないと仕事に従事することができません。調剤薬局・病院・ドラックストアなどで医師の処方箋に基づいて薬の調剤・服薬指導を行う仕事になります。医薬分業になり、今まで以上に専門性が求められてきます。

no.3

患者のケアをする看護師

看護師は国家試験に合格をしないと仕事に従事することができません。患者のケア・医師の診断・治療のサポートが主な仕事になります。仕事内容は血圧・体温・脈などの測定・注射・点滴・採血などの治療の補助、食事・入浴などの身の回りのお世話をします。

no.4

健康をサポートする保健師

保健師は看護師の資格取得が前提で、保健師の国家試験に合格する必要があります役割は病気の予防・健康促進のための指導・アドバイスになります。仕事内容は健康診断・予防注射・健康相談・乳幼児の診断などになります。

no.5

お産をサポートする助産師

助産師師は看護師の資格取得が前提で、助産師の国家試験に合格する必要があります。役割はお産介助・妊娠・出産前後のケア・育児指導まで主産に関して総合的なサポートになります。正常な自然分娩の場合には助産師だけで可能です。

正社員の介護士として働きたいなら専門求人サイトで見つけよう

手

病院勤務だけでなく訪問介護という選択もある

介護士の仕事は基本的に要介護者のサポートになります。介護士の職場は病院勤務だけでなく介護施設・老人ホーム・訪問介護(ホームヘルパー)として仕事をすることができます。訪問介護の場合には介護が必要な人の自宅に訪問をします。住み慣れたところで自立した生活ができるように、食事・排泄・入浴・など生活支援を行います。

忙しいイメージとは裏腹にしっかり休める

介護職は人出不足といわれています。その為に忙しいというイメージを持っている人も多いかもしれません。介護士は土日休みたいという場合にはその条件で探すことができます。また、自由に働きたいという人にはアルバイト・パートがいいかもしれません。人出不足なので売り手市場でもあるので、希望を聞いてもらえることもできます。

産休や育休があっても戻りやすい

介護士は女性が多いので、結婚・妊娠・出産をする人もいます。女性にとっては産休・育休が取れるかというのは大きなポイントでもあります。女性が多いということは産休・育休にも理解があるところでも多いです。その為に産休・育休後も戻りやすい傾向にあるので、うまく活用するといいかもしれません。勤務先によっては保育所もある場合もあります。

仕事内容や給与を明確に記載しているサイトを選ぶ

介護職など求人を探す場合には仕事内容・給与などがしっかりと確認をするようにしましょう。給与は相場を把握しておくようにしましょう。就職先・役職・雇用形態によって給与は変わってきます。仕事内容も勤務先によっては夜勤があったりすることもあります。しっかりと求人情報が掲載されている求人サイトを選ぶようにしましょう。

専門サイトから応募して介護士になった人たちの声

仕事への理解がないことがあります

介護士は介護に関しての専門家として働いています。プロ意識で仕事をしているのにプロ意識が低く見られてしまうことがあります。理解してもらえないことがあることです。

達成感を得られないことです

仕事へのやりがいは感じられます。介護者の生活を支える仕事でもありますが、日々の繰り返しです。苦労しても達成感を見た目で得ることができない事です。

生活が不規則になることです

介護士の仕事は勤務先によって24時間体制になっています。早朝勤務・夜勤・日勤のしぐ都政になっています。休日出勤をすることもあり、生活が不規則になりがちなことです。

このままでいいのか悩みます

長年続けていると仕事はきつくて、夜勤もあり、給与が低いことです。体力も必要とされ、腰痛にも悩まされたりします。仕事の責任ばかりがついてきて悩んでいます。

人間関係に悩むことがあります

看護師がいる場合には仲が悪く対立することもあります。介護士は専門職として尊重されないこともあります。女性が多い職場でもあるので、人間関係で悩むこともあります。

広告募集中